チラシ

便利な広告手段を持つ

フライヤー印刷は、有益な広告法でとても人気があります。依頼先の印刷会社を選ぶ時は、対応の良さを考える必要もあります。デザインに関する相談をすることができますと、効果的なデザインを考える上でとても便利です。

広告

データ入稿なら印刷通販

フライヤー印刷をしたいなら印刷通販が便利です。印刷通販は、安くサービスも豊富で直接店舗に行かなくてもいいなどの理由から人気を集めています。印刷通販が可能な印刷所は多いため、印刷したい内容から比較するのが重要です。

印刷機

印刷会社の上手な活用方法

フライヤー印刷をプロに頼むなら、ネット検索で料金の相場やサービス内容、それに会社の評判などを簡単にチェックできます。また、印刷物のクオリティーの高さと料金との兼ね合いは重要です。どんな印刷物が必要なのか、総予算は何円なのかなど、計画はしっかり立てておきましょう。

印刷物

業者に申込みをする方法

業者を利用して初めてフライヤー印刷をされる場合、まずは申込み方法を把握しておきましょう。最近ではインターネットから申込み出来る業者も増えてきており、ホームページから簡単に依頼可能となっています。事前に部数や利用したい用紙、そしてデザインデータを用意しておき、専用の申込みフォームから依頼しましょう。

print

様々な特徴を知る

フライヤー印刷は加工を上手く活用することもできますし、デザインを工夫することもできます。応用性が高いフライヤー印刷は様々な目的に使用されていて、イベント告知用や飲食店のキャンペーン価格を知らせる手段としても人気です。

注文する前に知るべき事

色見本

選ぶのが大事

フライヤーはイベントの告知や宣伝に適しています。自作するよりも、印刷所に任せれば高品質なフライヤー印刷が可能です。フライヤー印刷のデータ入稿や注文は、オンラインでできます。印刷を依頼したい印刷会社のホームページから送信できるので、店舗へ行く手間がありません。使用したい用紙や、カラーかモノクロかも選択できます。カラー印刷でよく使用されるのは光沢のあるコート紙ですが、あえて光沢を抑えたいならマット紙があります。モノクロ印刷なら上質紙が適しています。丈夫な紙がいいなら、厚めのものを選びましょう。フライヤー印刷では100部以上からの注文で受け付けている場合が多いですが、50部などの少部数を刷りたいならオンデマンド印刷が可能な印刷所が最適です。オンデマンド印刷は少部数を得意とする印刷方法で、オフセット印刷と比べると品質が少し落ちますが気になる程ではありません。何より、少部数ならオフセット印刷よりも安くなるのが特徴です。大急ぎの注文であれば早くて当日納品可能な印刷所もあります。しかし日数に余裕がある方が料金は安くなるので、注文から出荷まで3日程度は考えておきたいところです。地方からの注文の場合、配送にかかる日数にも注意しましょう。送料無料のサービスがあるところもあり、注文の前に送料はいくらになるのか確認するのも大切です。フライヤー印刷は印刷所選びが重要です。店舗からの距離や料金に注目し、納得のいく印刷所へ注文しましょう。